Skip to main content

医療機関でよく使われるレーザー

医療脱毛は、医療機関で医療用レーザーを使って行う脱毛です。

レーザーをムダ毛の黒いメラニン色素に反応させて、熱エネルギーに
変えることで毛根を壊して脱毛するという仕組みになっています。

メラニン色素に反応

そんな医療脱毛でよく使われているのが、アレキサンドライトレーザー
になります。このレーザーは、アメリカ食品医薬品局FDAにも永久脱毛効果が
あると認められています。

高い脱毛効果だけではなく安全性といった点で信頼できるレーザーです。
特徴的なのが冷却装置がついているということで、レーザーを照射しながら
同時に肌を冷やします。

照射口が高温になることを防げるようになっているため、火傷をするリスクが
低く、脱毛時の痛みも緩和できます。波長が755nmですので、毛根が1.8mmの
深さにある毛に特に効果が高く、顔やVIOなども処理できるため、全身脱毛する
ことが可能です。

また、毛だけはなく肌の色素にも反応します。濃い色に反応しやすいため肌の
色素が濃い場合には、使用が断られるケースもあります。

医療脱毛の中でも脱毛効果が高いレーザーではありますが、その分痛みを感じ
やすいというのがデメリットです。
デメリットを回避するには、麻酔などを使用することが良いとされています。

肌を綺麗にする効果も期待できる

医療脱毛は基本的には、永久脱毛を行うことができます。
これは、一定の脱毛施術を行った後に生えてくる本数が、長期的に減ってその
状態が長く維持できる状態のことを指します。

自己処理の手間などが減るなどのメリットがありますが、医療脱毛はそれ以外の
メリットが多い方法です。ア
レキサンドライトレーザーを用いた医療脱毛のメリットと挙げられるのが、
美肌効果です。このレーザーはシミ取りとしても利用されることが多く、脱毛時に
もその効果が得られます。

シミ治療

照射することによってシミの原因であるメラニン
色素を壊し、メラニンは皮膚から排出されます。

同時にレーザーがコラーゲンの生成を促すことで、
開いた毛穴を引き締めたり、ニキビ跡を薄くする、
肌のハリを作る作用が期待できます。

 

レーザーには、痒みを抑える作用があって痒みを引き起こす神経に照射することによって、
神経が皮膚の奥の方へといくことで痒みが抑えられるという仕組みです。
この仕組みのおかげで湿疹が改善しやすくなります。

他にも、ニキビの原因である菌が産生する炎症性物質を抑える効果もあり、その効果が
ニキビの治りを早くして、跡に残りにくくすることで美肌につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)