Skip to main content

医療脱毛で注意したいポイント

医療脱毛には大きく分類して2つの方法があり、体質や肌の状態によってどちらを選択するか
変わるのです。

1回で毛の根元に処置を行う熱破壊方式出力が強くと、弱いレーザーを何度も当てる蓄熱式
なります。

注意ポイント

どちらの方式もピンポイントで的確に、毛穴の根元にレーザーを照射しなくてはなりません。
照射がずれてしまったり色素の薄い毛に照射してしまうと、毛根を破壊する効果が薄くなり
刺激が逆に働き硬毛化の原因になってしまうこともあるのです。

医療脱毛は効果が高い代わりに、担当者にも知識と経験と技術が必要になります。毛根の成長期を
見極めて、適切な処置をしなくてはなりません。

毛によっては成長期と休止期があり、成長期の毛穴にレーザーを照射するのが効果的な脱毛方法に
なります。レーザーは黒い毛に反応するので、休止期のメラニン色素が薄い毛に照射しても効果が
薄いだけではなく、前述したように逆効果になってしまう可能性も少なくありません。

医療脱毛で重要なことは事前のカウンセリングです。そして状況を観察して適切な処置をすることに
あります。医療脱毛のマシンは高出力な分だけ、適切な取り扱いと機械だけではなく人体の知識も
重要になるのです。

医療脱毛で事前に確認したいポイント

医療脱毛は脱毛に効果的な方法になります。美容エステよりも高出力のレザーを使えるので、皮膚下に
ある毛穴の根元にレーザーが届きやすいのです。そのことによって毛穴からの発毛抑制効果が高く、
1度の施術でも抑止効果が最大になります。

医療脱毛の機械には大きく分けて2種類の方式があり、1度で高出力のレーザーを照射する熱破壊式と
弱いレーザーを何度も照射する蓄熱式があるのです。

結果的にはどちらも抑制効果のある方式にはなりますが、体質によって選ぶ方式が異なります。お肌の
弱い人は蓄熱式をすすめられるケースが多いのです。

脱毛をする時には的確に毛穴の根元にレーザーを照射しなくてはいけません。中途半端な照射は硬毛化を招いていしまい、細い毛が太く濃くなってしまうこともあるのです。

コンディションを観察しながら施術する

これは毛穴に刺激を受けたことにより発毛が促進されてしまい、毛が太くなってしまうことに原因があります。

照射が不十分であったりメラニン色素の薄い休止期の毛穴に
レーザーが当たることで引き起こされるので、毛のコンディ
ションを観察しながら施術をする必要があるのです。

 

気を付けていても多少は硬毛化が起きるので、硬毛化保証があれば安心なので事前確認が必要に
なります。