Skip to main content

色黒の人やホクロの多い人でもOK!

ダイオードレーザーは強すぎず、弱すぎることなく適度な力で脱毛効果を発揮するため、
医療脱毛の現場でよく使われています。

最も黄色人種に向いているレーザーといわれており、日本人であれば相性の良い脱毛方法です。
適度な出力で施術中の痛みが少ないことや、施術時間が短期間であることからレーザー照射の
痛みに弱い人とも相性がいいといえます。

一般的に医療脱毛は色白の人しか使えないと思われがちですが、ダイオードレーザーの場合は
種類によって日焼けや地黒の人にも使用することができるため、色黒であきらめていた人にも
向いている施術です。なお、特に向いている人とは毛質に関係なく医療脱毛をしたい人で、
レーザーの特徴となる剛毛・産毛など毛の質に関係なく処理をしたい人との相性がいいといえます。

ほくろがあっても施術可能

敏感肌の人でも安心して使用できるのも特徴といわれており、効率よくきれいにしたいと考えている人に最適です。

また、低出力で効果を実感できるからアトピー性皮膚炎の人手も施術できるといいます。

ホクロの多い人の中には施術できないといわれた経験のある人もいますが、メラニン色素に反応せずバルジ領域へ照射ができるようになっているため、ホクロのある人や、ホクロ毛で悩んでいた人も医療脱毛が可能です。

ダイオードレーザーは2種類存在するので好みの物を

医療用脱毛の現場で広くつかわれているダイオードレーザーについては、2種類存在しています。

1つは熱破壊式、もう一つは蓄熱式です。熱破壊式の特徴は、毛根細胞
自体を破壊する能力を持っています。肌を引っ張り上げる吸引機能を
使い、広い範囲へ照射することが可能です。

レーザー出力は大きくありませんが、毛根細胞へダメージを与える力が
強いといいます。余分な痛みを与えることがないため、肌や心身への負担が少ないです。1ショットずつ確実にダメージを与えるため、輪ゴムで肌を弾いた程度の痛みを感じる場合があります。

対して蓄熱式の場合、毛根細胞ではなくその周辺にあるバルジ領域への
ダメージを与えるのが特徴です。威力の出力が熱破壊式よりも弱く、じんわりと照射するため痛み
の少ない施術ができます。肌へ時間をかけて弱いレーザーを照射していくため、照射した後の効果
を実感するまでに時間がかかるのも特徴の一つです。

ただし、医療脱毛であるため、納得できる形で処理ができるのもポイントといえるでしょう。他の
レーザーよりも照射できる範囲が広いため、一度に処理できる場所が広いのも特徴といわれています。医療脱毛の中でも全身脱毛を希望する人に、向いているレーザーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)