Skip to main content

医療機関でよく使われるレーザー

医療脱毛は、医療機関で医療用レーザーを使って行う脱毛です。

レーザーをムダ毛の黒いメラニン色素に反応させて、熱エネルギーに
変えることで毛根を壊して脱毛するという仕組みになっています。

メラニン色素に反応

そんな医療脱毛でよく使われているのが、アレキサンドライトレーザー
になります。このレーザーは、アメリカ食品医薬品局FDAにも永久脱毛効果が
あると認められています。

高い脱毛効果だけではなく安全性といった点で信頼できるレーザーです。
特徴的なのが冷却装置がついているということで、レーザーを照射しながら
同時に肌を冷やします。

照射口が高温になることを防げるようになっているため、火傷をするリスクが
低く、脱毛時の痛みも緩和できます。波長が755nmですので、毛根が1.8mmの
深さにある毛に特に効果が高く、顔やVIOなども処理できるため、全身脱毛する
ことが可能です。

また、毛だけはなく肌の色素にも反応します。濃い色に反応しやすいため肌の
色素が濃い場合には、使用が断られるケースもあります。

医療脱毛の中でも脱毛効果が高いレーザーではありますが、その分痛みを感じ
やすいというのがデメリットです。
デメリットを回避するには、麻酔などを使用することが良いとされています。

肌を綺麗にする効果も期待できる

医療脱毛は基本的には、永久脱毛を行うことができます。
これは、一定の脱毛施術を行った後に生えてくる本数が、長期的に減ってその
状態が長く維持できる状態のことを指します。

自己処理の手間などが減るなどのメリットがありますが、医療脱毛はそれ以外の
メリットが多い方法です。ア
レキサンドライトレーザーを用いた医療脱毛のメリットと挙げられるのが、
美肌効果です。このレーザーはシミ取りとしても利用されることが多く、脱毛時に
もその効果が得られます。

シミ治療

照射することによってシミの原因であるメラニン
色素を壊し、メラニンは皮膚から排出されます。

同時にレーザーがコラーゲンの生成を促すことで、
開いた毛穴を引き締めたり、ニキビ跡を薄くする、
肌のハリを作る作用が期待できます。

 

レーザーには、痒みを抑える作用があって痒みを引き起こす神経に照射することによって、
神経が皮膚の奥の方へといくことで痒みが抑えられるという仕組みです。
この仕組みのおかげで湿疹が改善しやすくなります。

他にも、ニキビの原因である菌が産生する炎症性物質を抑える効果もあり、その効果が
ニキビの治りを早くして、跡に残りにくくすることで美肌につながります。

医療脱毛のレーザーの種類について

光は波長によって性質が異なります。空の色が青く見えるのは青い光が上空で散乱しており、人間の
網膜に青く認識されるからです。

夕方になると夕焼け空になるのは、光の入射角に対して大気の密度が異なるからだと言われております。こういった性質は人工的に作ることが可能であり、医療脱毛のマシーンは効果的な光をレーザー
として照射することで発毛抑制効果があるのです。

効果的な光レーザー

医療脱毛のレーザーの種類は大きく分けて3種類あり、弱い方から列記するとアレキサンドライト・
ダイオード・ヤグレーザーの順に協力になってゆきます。

一般的な毛は表皮の下に生えておりますが皮下脂肪に届く根深い毛根もあり、深部にある毛には強力なレーザー照射が有効なのです。毛深い人には医療脱毛の中で最も強力な、ヤグレーザーの照射をおすすめします。

ヤグレーザーが強力なのは理由があり、波長が長いことで対象物に最短で強力なレーザーを照射することが出来るのです。

深部へのアプローチ力が強い代わりに、熟練した技術が必要であり照射には痛みを感じる人もおります。

光が強い分だけ火傷などのリスクがあるので、技術力のあるスタッフが在籍しているクリニックを選択することが大切なのです。

医療脱毛のメリットについて

医療脱毛は強力な脱毛機器を使用して、短時間で最高の効果を発揮する脱毛方法になります。

美容脱毛よりも通院回数が減るために、忙しい人にはとくにおすすめです。また強力なレーザー照射が可能なので、毛深い人や皮膚が厚い人にも効果的になっております。

脱毛機器は方式によって特徴があり、熱破壊式と蓄熱式が有名です。1度でピンポイントで毛穴の根元にレーザー照射するのが熱破壊式で、繰り返し弱いレーザーを当てる方法が蓄熱式になります。

どちらの方式も強力ですが、肌への負担が小さいのは蓄熱方式だと一般的に言われているのです。

毛周期

ただし熟練の施術者が扱えば、熱破壊方式でも負担が少ない処置が可能になります。

医療脱毛はこうした強いレーザーを使うために、医師免許を持ったスタッフの監督下で処置を行わなければなりません。効果が高い分だけリスクもあるので、医師の監督下によってリスクコントロールする必要があるのです。

 

医療脱毛は脱毛効果が高いだけではなく、発毛サイクルの再開を抑制する効果も高いと言われて
おります。

結果的に少ない施術回数で済むことになり、リバウンド発毛を抑える効果も高いことが大きなメリットになるのです。

医療脱毛を利用すると完了させる期間は短くなります

全身脱毛を希望する方が増えている現在では、医療脱毛かエステ脱毛かで利用先で迷ってしまう
ことがあります。

永久脱毛に限りなく近い状態にするには医療脱毛を選択することで通う期間を短くすることが
できると同時に、医師が施術を行う方法なので安心感も十分に感じ取れます。

比較をすると医療脱毛では1年以内に全身脱毛を済ませることができ、エステ脱毛では1年半程度の
期間が必要になる方も存在しています。

比較する材料は期間だけで選ぶ方法ではなく、完了させるまでに費やす料金プランを調べる他、
導入している脱毛機の機種を調べることも肝心です。

新しい機種の場合は医療脱毛でもあまり痛みを感じないことが多く、最大のデメリットだった部分
をクリアしています。

医療脱毛について聞こう

脱毛の方法では皮膚の内部にレーザーを照射させる能力が光式よりも優れているので、1回目の
利用だけでも効果を実感できる良さがあります。

通常は毛周期に合わせて施術を受ける方法ではありますが、レーザーの場合は光式では反応し
ないムダ毛でも対応する能力が高めなので通院する回数を少なくできる理由になります。

実際には少々の痛みを感じることはありますが、短期集中で脱毛を終わらせたい方には都合の
良い方法です。

エステ脱毛にも魅力に感じる内容はあります

全身脱毛を目指す方にとっては、施術するサロンや医療機関の選択肢で悩んでしまうことは
あり得ます。

この判断は完璧性を求めるなら医療脱毛の方が向いているのですが、昨今の事情として医者では
ない方が施術できる光脱毛のサロンでは、医療脱毛のクリニックには無いメリットを感じられる
ことはいくつかあります。

他店からの乗り換えで割引制度を設けている場合や、友人知人からの紹介によって適用される割引
もあり、全身脱毛の場合では総額料金を最初に提示しており、たとえ1年半以上経過してもムダ毛
が生えてしまう方であれば、実質的に無料サポートを受けることができるので資金面でのメリット
も魅力になります。

医療脱毛かエステ脱毛か

永久的かを一時的かで考えた場合では、医療脱毛の方が完璧になりますが、実際には光脱毛でもほぼ永久的にムダ毛が生えない状態に仕上げることができるので問題に考える必要はありません。

エステ系で光脱毛を利用する方は、施術と同時に肌のコンディションを
良くする機能性があったり、痛みを殆ど感じないメリットもあります。

施術が終わった後にはメイクを行える専用スペースを整えているサロン、
着替えを行える個別スペースを完備していることも多いので、付随する
サービスを確認してから利用先を決める方法で脱毛を希望通りに成功させ
ることができます。