Skip to main content

有資格者であるかどうかの違い

医療脱毛と美容脱毛の最大の違いは、有資格者が施術を行うかどうかという点にあります。
医療というのは、医学的な観点から専門家が進めていくことになりますので、
安全性の高い処理を行うことができます。

一方で、美容の観点からは資格がなくても行うことができるので
素人でも施術を行うことが可能です。そのかわりに、施術を行う際の
安全性の保証は存在しません。

リスクを伴う

医療の観点から脱毛処理を行っていくために利用される機器は、
文字通り医療機器としても使えるほど高度なものになります。
高度なものであるため、それを扱うためには資格を持っていないといけません。

反対に、美容で使われる機器というのは家電量販店で販売されている
脱毛器の延長線上に存在するものです。

例えば、家電量販店で販売されているものには光脱毛に必要な機器が存在します。
東京で美容脱毛で利用されている脱毛器は、これの業務用になっています。

対して、医療脱毛の場合は非常に出力の高い機器を使うことになりますので、
文字通り医学に詳しい人でないと使うことができないように設定されています。

それだけで、高度な技術も求められることになるため必ず専門的な観点から施術を行わなくてはいけません。

脱毛の効果が明確に異なる

医療脱毛は、出力の高い脱毛器を使って処理を行っていきます。
具体的には、光の力を利用したレーザー脱毛器を使うことが大半で、
綺麗に脱毛できるだけの根拠が存在します。

反対に、美容で利用できるものも綺麗にできるのに相違ありませんが、
有資格者が行うわけではありませんので出力の弱い脱毛器しか
利用することができないという難点が存在します。

わかりやすいのが、永久脱毛の解釈です。永久脱毛は、医学的な観点から行う
脱毛処理のことを指しますので、実は医療脱毛以外で行った処理は
永久脱毛とは呼びません。

医療機関での脱毛

 

美容脱毛の場合も、確かに非常に綺麗な肌の状態にできるのですが、
専門的には医療脱毛とは異なるものダルということを知っておく必要があります。

当然、こういった高度で出力の高いものを扱う場合には資格が必要です。
出力の高いものほど、医療従事者が関わらないと肌に対して
悪影響が生じた場合に対処することができなくなってしまいます。

実際に、万が一肌に対して悪影響が生じた場合に、それらへの治療行為を行うことができるのも医療従事者だけです。
医療脱毛で生じた治療もこの観点から進められますので、とても重要なポイントです。