Skip to main content

医療脱毛のレーザーの種類について

光は波長によって性質が異なります。空の色が青く見えるのは青い光が上空で散乱しており、人間の
網膜に青く認識されるからです。

夕方になると夕焼け空になるのは、光の入射角に対して大気の密度が異なるからだと言われております。こういった性質は人工的に作ることが可能であり、医療脱毛のマシーンは効果的な光をレーザー
として照射することで発毛抑制効果があるのです。

効果的な光レーザー

医療脱毛のレーザーの種類は大きく分けて3種類あり、弱い方から列記するとアレキサンドライト・
ダイオード・ヤグレーザーの順に協力になってゆきます。

一般的な毛は表皮の下に生えておりますが皮下脂肪に届く根深い毛根もあり、深部にある毛には強力なレーザー照射が有効なのです。毛深い人には医療脱毛の中で最も強力な、ヤグレーザーの照射をおすすめします。

ヤグレーザーが強力なのは理由があり、波長が長いことで対象物に最短で強力なレーザーを照射することが出来るのです。

深部へのアプローチ力が強い代わりに、熟練した技術が必要であり照射には痛みを感じる人もおります。

光が強い分だけ火傷などのリスクがあるので、技術力のあるスタッフが在籍しているクリニックを選択することが大切なのです。

医療脱毛のメリットについて

医療脱毛は強力な脱毛機器を使用して、短時間で最高の効果を発揮する脱毛方法になります。

美容脱毛よりも通院回数が減るために、忙しい人にはとくにおすすめです。また強力なレーザー照射が可能なので、毛深い人や皮膚が厚い人にも効果的になっております。

脱毛機器は方式によって特徴があり、熱破壊式と蓄熱式が有名です。1度でピンポイントで毛穴の根元にレーザー照射するのが熱破壊式で、繰り返し弱いレーザーを当てる方法が蓄熱式になります。

どちらの方式も強力ですが、肌への負担が小さいのは蓄熱方式だと一般的に言われているのです。

毛周期

ただし熟練の施術者が扱えば、熱破壊方式でも負担が少ない処置が可能になります。

医療脱毛はこうした強いレーザーを使うために、医師免許を持ったスタッフの監督下で処置を行わなければなりません。効果が高い分だけリスクもあるので、医師の監督下によってリスクコントロールする必要があるのです。

 

医療脱毛は脱毛効果が高いだけではなく、発毛サイクルの再開を抑制する効果も高いと言われて
おります。

結果的に少ない施術回数で済むことになり、リバウンド発毛を抑える効果も高いことが大きなメリットになるのです。